駆除だけで安心してはイケない!シロアリ対策と予防対策はセット

庭木があるご家庭は要注意!外部から侵入するシロアリに気を付けよう 庭木があるご家庭は要注意!外部から侵入するシロアリに気を付けよう

シロアリ被害を予防する方法

葉っぱ

大事な庭木が白蟻被害に遭えば伐採を余儀なくされます。シロアリを予防する方法をまとめました。これからの参考にしてください。

シロアリ対策に遭いにくい庭木

ヒバ
ヒバはヒノキ科の常緑高木です。ヒバには香りがある油が含まれており、その香りはシロアリ等に対する忌避効果があります。ヒバ自体にも腐食耐久性があり、立ち枯れしにくいメリットがあります。ヒバは刈り込み・剪定等によって庭のアクセントにもなりますし、空気を清浄にしてくれる効果があります。また、隣家との垣根として利用するほか、目隠しとして用いることができるので、おすすめです。特に刈り込み直後にはヒバの清浄な香りを楽しむことができます。
マキ
マキは、マキ科マキ属の常緑高木です。高級感もあることから生垣として使われることもありますし、玉散らしに剪定し庭のシンボルツリーとして魅せることができます。マキは硬さがある木ですので、防蟻性が高い傾向にあります。ただし、枯れたマキの木は腐食しやすいので、枯れ木はそのまま放置せず、根ごと掘り起こして処分します。また、マキの葉は密集して生えやすいので、定期的に剪定をしなければカイガラムシ等シロアリ以外の虫の被害にも遭いやすくなります。
カヤ
カヤはイチイ科の常緑性の針葉樹です。樹齢が長く成長力が高いため、地域のシンボルツリーとして有名になることもあります。カヤの木は十分な硬さがあり、防蟻効果が見られます。病気にかかりにくく、手入れさえ定期的に行うことで木の健康を保つことができます。また、カヤは木目が美しく堅牢性が高いことから、将棋盤に使われます。その他、地域によっては「縁起が良い木」として受け入れられており、厄除けの意味合いで植えられることもあります。

シロアリ対策として庭木を選ぶことも重要

自慢の庭作りと同時進行でシロアリ対策を施す場合には、庭木を選ぶことも大切です。もちろん「防蟻効果が高い樹木」ばかりでは統一性が生まれない場合はありますが、レイアウトと定期的な庭木のメンテナンスでシロアリ対策も万全です。

TOPボタン